ニコライ•ルトヒンの1970年代のSci-Fiイラストレーション

1972年から1990年まで出版されていた、月刊でサイエンス•フィクション•マガジンのGalaksijaに主に載っていた、ユーゴスラビア生まれのアーティスト、ニコライ•ルトヒンのシュールリアルなサイエンス•フィクションがテーマの作品です。
これらの作品の中には優美なフィリップ•K•ディックの小説のカバーに完璧にフィットするものもあり、これらの多くのレトロ•未来的なイメージは30年から40年たっていますが、作品のインター•ディメンションとテクニカルなアイディアは2015年の現在でも未来的で進歩的な品質を保っています。

(source)

キッドモグラフによる奇抜なGIFアニメーション
BICボールペンのイラストレーション: マークパウエル

You might be also interested in...